凸版印刷、AIがパーソナライズした化粧品を自販機のように提供できる什器を運用開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

凸版印刷株式会社は1月12日、AIで一人ひとりの顔を瞬時に分析し、分析結果に合わせてパーソナライズした複数の商品を組み合わせて、その場で自販機のようにメイクパレットを提供できる「AIレコメンドベンダー」を開発し、本格運用を開始したと発表した。

化粧品業界では、AIを活用したセルフ型の顔分析ツールが登場し、採用されているが、それらの分析結果が購入にうまく結びついていないという課題があった。

「AIレコメンドベンダー」では、AI技術を使って新たな顧客体験価値を創出し、商品の検討から提供までをワンストップで実施可能なソリューションを実現したという。

本製品は、AI技術による顔の印象分析をもとに、利用者に最適化した複数の商品を組み合わせられるうえ、名入れ機能も実装している。パーソナライズした世界で1つだけのオリジナルパレットを非接触で提供できる。

従来の自販機は一度の注文に付き一商品の販売だったが、本製品ではゼロベースからの機構を開発することで、一度の注文につき複数個の商品を同時に組み合わせて提供できるようになった。

現在、本製品は株式会社カネボウ化粧品の化粧品ブランド「KATE」の「KATE iCON BOX」に採用されている。(設置店舗はKATE公式ブランドサイトに掲載)

「KATE iCON BOX」では分析結果に合わせて、26色の単色アイシャドウから4色を提案・カスタマイズでき、約35万通りの色の組み合わせからオリジナルのアイシャドウパレットを提供する。

「KATE iCON BOX」専用にオリジナルデザインしたパッケージのアイシャドウ保護シートには、アルファベット・ひらがな・カタカナから12文字まで名入れできる。分析結果と提案したオリジナルパレットの画像はスマートフォンに保存して持ち帰ったり、SNSにシェアしたりできる。

今後、凸版印刷は化粧品業界に向けて本製品を拡販し、2025年までに全国で100台の設置を目指すとしている。

>>ニュースリリース