凸版印刷、AIで時事通信社の記事を英語に翻訳 1日あたり100記事程度を配信

このエントリーをはてなブックマークに追加

凸版印刷株式会社は3月8日、人工知能(AI)技術を活用し、株式会社時事通信社による日本語のニュース記事を英語にリアルタイムに翻訳して配信する実験を発表した。期間は3月31日まで。対象は国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)委託研究に関わる時事通信社などの企業、大学などの社員・職員など合計100人程度を予定しているという。配信記事数は1日あたり100記事程度。

凸版印刷は2019年7月から、マインドワード株式会社と共同で、NICTの委託研究事業「多言語音声翻訳高度化のための統合的深層学習の研究開発」を受託。ニュースを自動翻訳・自動要約するシステムの構築と配信プラットフォームの統合評価の研究開発を進めてきた。

今回の実験では、NICTの委託研究で開発したニュース記事専用の自動翻訳システムを活用し、ニュースを英語で配信する。本システムは、機械翻訳の学習データとして利用し、大規模または網羅的に集めた言語資料体「ニュース対訳コーパス」および、深層学習に基づくもの。翻訳だけではなく、要約もできる。また、LINEアプリで英語記事をリアルタイムで配信する。

なお、本実験では、凸版印刷はニュース配信プラットフォーム環境構築と運用、マインドワードは自動翻訳・自動要約エンジン・システムの設計、時事通信社はニュース記事データ(日英記事、和文記事、ニュース写真など)の使用許諾を担当。日本語ニュースを自動翻訳・自動要約して配信プラットフォームシステムを運用することで、記事の自動翻訳の受容度を調査し、ユーザビリティなどサービスとしての実用性、翻訳精度を検証する。

今後、凸版印刷は本実験を通じて得た知見を活用し、2021年度には在留外国人・訪日外国人に向けた日本語ニュース記事の自動翻訳配信(英文)のサービス化を目指すという。また、日本語ニュース記事の多言語翻訳配信や海外ニュース記事の自動翻訳による日本語配信サービスも検討し、多言語コミュニケーションの課題を解決する事業を広げるとしている。

>>ニュースリリース

凸版印刷、AIでくずし字を読解 90%以上の精度で認識

凸版印刷はAIを活用したさまざまな取り組みを実施している。

最近でも、凸版印刷は2月16日に、くずし字AI-OCRを搭載し、古文書・古典籍をオンライン上で簡単に解読できるサービス「ふみのはゼミ」を発表した。PCやタブレットなどのブラウザ上で動作し、90%以上の高い精度での文字認識を実現するという。

そのほか、詳細は以下の記事をチェックしてほしい。