VRChat上で歌川広重作品を鑑賞 凸版印刷がメタバース美術館サービスを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

美術品に手を伸ばしたり、友人と話しながら美術品を見たりといったリアルではできない体験を実現する——。凸版印刷株式会社は6月16日、メタバース上に高精細な美術館/博物館を構築するサービス「MiraVerse(ミラバース)ミュージアム」を開発したと発表した。

MiraVerseミュージアムでは、オリジナル作品の色や質感の忠実な再現を追求するとともに、バーチャル空間ならではの特徴や、アバターを介した友人や学芸員とのコミュニケーションを組み合わせた、新しい作品鑑賞体験ができる。

現実空間では不可能な鑑賞体験を実現

色や質感を高精細撮影・色彩計測などでデジタルアーカイブした作品のデータを、メタバース上で忠実に再現。ガラスケースがないため、実際に作品を手に取ってみているかのような体験が可能

またアバターを介して、鑑賞者同士や学芸員と会話ができる。学芸員によるギャラリーツアーや、友達同士のグループ鑑賞など、さまざまなコミュニケーションの場を提供するという。

一堂に名作を展示し、作風の変化などを体験

版画作品は繊細で保管が難しく、常設されている例は少ない。よって複数の作品をローテーションさせながら展示していることが多い。しかし、MiraVerseミュージアムでは名作を一堂に会して展示することで、作品間のつながりや作風の変化などを体験することができるという。日本語と英語で学芸員監修の作品解説も聴けるので、海外の方や展示作品を詳しく知らない方でも楽しく鑑賞できる。

なお「MiraVerseミュージアム」の提供開始に先立ち、広重美術館(山形県天童市)をメタバース上に構築したMiraVerseミュージアム 広重」を6月16日から無料で一般公開している。広重美術館所蔵の浮世絵「東海道五十三次」や、貴重な歌川広重の肉筆画など、選りすぐった33作品を展示し、「歌川広重」が描き出した、美しい日本の風景をじっくり鑑賞できるとのことだ。

広重の目線で描かれるこだわりの描写、彫師によって表現される繊細な線、摺師の技が光るグラデーション、絵に味わいを与える和紙の質感などが味わえる。触れると裏返る作品もあるとのこと。

MiraVerse ミュージアム 広重の展示作品は順次追加される予定で、今後もデジタルコンテンツを活用した様々なサービスを展開していくとのことだ。

リアルのあり方が問われる中、美術館・博物館に応用

凸版印刷がMiraVerseの提供を始めたのは2022年4月。建物や製品、自然など現実空間のあらゆるものを忠実に取り込んだメタバースサービス基盤を、芸術鑑賞に応用して「MiraVerse ミュージアム」を開発したという。

今後同社は、他の美術館作品とのコラボレーション展示やギャラリーツアーなどのイベント開催により、美術館と鑑賞者、鑑賞者同士でのコミュニティの形成を目指し、現実空間の施策と連動させることで、MiraVerse ミュージアムを地方創生に資するビジネス基盤として展開していく。国外での展開も視野に入れているという。

>>ニュースリリース