AI技術による信号機の認識アルゴリズムを開発|自動運転EV開発のチューリング社

このエントリーをはてなブックマークに追加

TURING株式会社は2023年1月17日、自社開発の走行データベースを用いた信号機の高精度識別モデルの開発に着手したことを発表した。AI・深層学習による信号機の認識技術を自動運転システムに組み込むことで、追加のセンサ機器・道路インフラ機器を必要としない信号機認識システムの実現を目指すという。

自動運転システムの実現に、信号機の認識・意味理解は重要な要素

同社では完全自動運転を目指して、より人間の判断・頭脳に近いAI自動運転システムの研究・開発活動を行ってきた。自動運転システムを実現するために、信号機の認識・意味理解は非常に重要な要素だ。

しかし(1) 多くの学習データが米国・中国で取得されたものであること・(2) 国内の信号機を比較してもハードウェア的特性が異なること・(3) そもそも信号機の意味理解が複雑であることなどの理由から、日本国内で信号認識に用いられるAI技術・深層学習モデルはほとんど開発されてこなかったという。

同社は導入コストを抑えるとともに、地域ごとのインフラ投資の多寡によらずあらゆる場所・あらゆる状況において利用可能な自動運転を実現するため、車両に取り付けるカメラのみで信号機を認識する技術開発に着手したとのこと。

■【自動運転】信号機認識に挑む / 走行画像15,000枚のアノテーションとYOLOXモデルによる深層学習実践
https://zenn.dev/turing_motors/articles/70c5072c04d04c

■TURING株式会社
https://www.turing-motors.com

■問い合わせ
広報担当(田中・小野):pr@turing-motors.com

>>ニュースリリース