「Ubuntu 20.10」が提供開始、Raspberry Piのデスクトップ環境をサポート可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加

Canonicalは現地時間10月22日、公式ブログにおいて、Linuxディストリビューション「Ubuntu」の最新版「Ubuntu 20.10」をリリースしたことを公表。

「Ubuntu 20.10」では、従来からサポートしていたx86とARMデバイスに加え、デスクトップ用に最適化したシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズベリー パイ)」用のイメージも追加された。

>>公式ブログ 該当ページ(英語)

Raspberry PiとOpenCVでオフィスの居眠りを検知してみた

なお、Ledge.aiでは過去に、Raspberry Piと画像処理ライブラリ「OpenCV」を用いて居眠りを検知し、自動でチャットワークに送信するシステムを作ってみた。興味のある人は以下の記事をチェックしてほしい。