AIでメッセージから心理状態や感情の変化を把握 感情の変遷をグラフ化

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社Unlace(アンレース)は12月20日、オンラインカウンセリングアプリ「Unlace」の利用者・カウンセラー間のメッセージ内容をAI(人工知能)で解析することで、心理状態や感情の可視化ができるサービス「感情分析ダッシュボード」の提供を開始した。

本サービスの詳細は以下のとおり。

  • AIによりカウンセリングで使われたメッセージを解析
  • Twitter連携によりTwitterに投稿した内容も解析可能
  • ポジティブ、ネガティブの割合や10個の感情の変遷をグラフ化

メンタルヘルスケアの領域では、当事者が自身の心の状態を客観的に判断する分かりやすい基準がなく、自身の変化に気づきにくい。

今回リリースされた「感情ダッシュボード」は、実際にカウンセリングを利用している期間に活用することで、利用者が心理状態や感情の変化を把握できるようになるという。

スポーツ選手や芸能人が自身のメンタル不調を公表するなど、自身のメンタルヘルスについての発信を目にする機会が増えている。しかし、まだ日本では「ネガティブな感情」について発信しづらい空気がある。

辛いと感じていることを誰かに話したいと思ったとしても、今の自分を語る上で悩んだ過去について話す必要があったとしても、その空気が自分のことを表現する幅を狭めてしまう。

同社は、「感情を可視化する」手段として感情ダッシュボードを提供することで、無意識に蓋をしている感情も含めた自分らしさを理解し、自由に発信・表現することをサポートするとしている。

また、2021年の振り返りとして多くの人が感情分析を体感できるように、Twitter連携のみで感情分析ができる会員登録不要のサービスも提供開始している。自分では気づきにくい感情の移り変わりを知れるという。

>>ニュースリリース