AIが試験中のカンニングを自動検知、受験者の不審な動きを見破る

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校や大学の入学試験、国家資格などの試験においてスマートフォンによるカンニング行為がたびたび話題になる。カンニングを防ぐために試験官は監視するが、目視だけではどうしても死角が発生してしまう。試験官を増員することも難しいそうだ。

試験におけるカンニング対策のために、株式会社ユーザーローカルは2月18日、カンニング自動検知AIの開発を発表した。





視線推定AI・姿勢推定AI技術によって、受験者の視線の異常・頭部や手の動きの異常を検知

>>プレスリリース

受験者の視線の異常・頭部や手の動きの異常を検知

ユーザーローカルが開発したのは、ディープラーニングによる行動推定技術を使った、受験者の映像から検知した姿勢・骨格・視線などのデータをもとに、不正行為を自動で検知するシステムだ。

視線推定AI・姿勢推定AI技術によって、受験者の視線の異常、頭部や手の動きの異常を検知する。使用にあたっては、エッジ端末とWebカメラを試験会場に設置するだけ。試験官の「監視する」という仕事を手助けするのはもちろん、不正行為を疑われた受験者をいわれのない疑いから保護するという効果も期待できるそうだ。

また、不正をしていない受験者の顔はマスキングを施すことで、その受験者のプライバシーや個人情報にも配慮している。

不正をしていない受験者のプライバシーを保護

>>ユーザーローカル

監視者の「目」の代わりになるAIは踏切にも使われている

監視を手助けするAIは、試験以外での活用事例は数多い。

2月6日には、小田急小田原線 玉川学園前8号踏切(東京都町田市原町田)で、キアソリューションズ&ネットワークス合同会社の「カメラ映像とAIによる異常状態検知システム(スペースタイムシーンアナリティクス)」を用いた踏切内の安全性向上を目的とした実証実験を始めると発表している。

この実証実験では、踏切監視カメラの映像を「スペースタイムシーンアナリティクス」を活用して解析することで、踏切内での異常状態の検知の強化を目的としている。なんでも、踏切内におけるさまざまな動作を収集し、AIで分析するそうだ。

将来的にはAIによる解析結果を用いて、付近を走行する列車を自動で停止させるなど、踏切での事故を未然防止できる監視体制の構築を目指している。


AIが監視の役目を担ってくれるのは、試験官からすれば非常に助かるもの。だが、本当にカンニングをしていないのに「AIが判断したからカンニング行為だ」のような事態を招かないことだけが気がかり。

そもそも疑われるような行為をしなければいいのだが、最終的な判定をする人間も「AIが必ず正解とは限らない」ことを認識しておく必要がありそうだ。