ダミーの個人情報を自動生成するジェネレーター無償提供、最大1万人分を生成

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ユーザーローカルは、開発者向けにシステム試験用の疑似個人情報データをワンクリックで自動生成できる「個人情報テストデータジェネレーター」を無償で提供開始した。本ジェネレーターは大量のダミーデータをすぐに生成し、システム開発における品質検査やセキュリティチェックに利用できる。

システム開発時には、本番運用を開始する前に動作テストやセキュリティチェックの実施が不可欠になる。しかし、実際の会員情報でチェックすることは危険なためダミーのデータを使ってテストを実施するが、ダミーデータ作成には大きな手間がかかる。

そこで、ユーザーローカルは、実在データと同品質のテストデータを大量に自動生成する「個人情報テストデータジェネレーター」を無償提供したという。個人情報は1度の生成で1万行(1万人)分まで対応しており、それ以上生成したい場合は問い合わせる必要がある。実データに極めて近い品質のデータを生成可能で、不正アクセスへの備えとしてのダミーデータ作成にも利用できる。

自動生成できるダミーデータ種別の例

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • クレジットカード番号
  • マイナンバーなど

>>ニュースリリース