ノーコードで文章のカテゴリを分類するAIを作成できる無料サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ユーザーローカルは2021年1月8日から、「ユーザーローカル テキスト自動分類AI」を無償提供した。Webブラウザから文書データを入力すると、すぐに人工知能(AI)が自動でどのカテゴリにマッチしているかを判定し、レーダーチャートで可視化できる。

「ニュース分類」

「感情分類」

あらかじめ利用できるAIとしては「ニュース分類」と「感情分類」を用意している。「ニュース分類」は「国内/海外/テクノロジー/料理/スポーツ/美容/生活/地域/仕事/恋愛/エンタメ/趣味/その他」、「感情分類」は「喜び/好き/恐れ/悲しみ/怒り」といった分類が可能だ。

プログラミング不要で、独自のカテゴリ分類も作成できる

本サービスでは、利用者が教師データを用意することで、オリジナルのカテゴリ分類ルールも作れる。

これまで、文書自動を分類するためのAIアルゴリズムを作成するには、自然言語処理の専門知識やプログラミングが必要だった。本サービスは、専門知識やコーディングは一切必要なく、Microsoft Excelで教師データを作成し、アップロードするだけで、オリジナルのAIを作成できる。たとえば、企業に来る苦情メールを自動で振り分ける、といったケースで活用できるという。

想定用途は「企業への問い合わせメールを内容に応じて振り分け」「アンケート結果を分類する」「社内ドキュメントをテーマごとに分ける」「レビューやコメントを感情ごとに分類する」「不要な書類やメールの自動フィルタリング」「大量のプロフィール情報を興味・分野で絞り込む」など。

今後は作成したオリジナルのモデルを、外部システムに組み込むためのWebAPIも提供予定という。これにより、自社システムにテキスト自動分類機能を組み込めるとのこと。

>>ニュースリリース

音声から怒りや驚きなどの感情をAIで数値化できる無料サイト

ユーザーローカルはほかにも、AIにおけるディープラーニング(深層学習)によって、音声から感情を読み取る「音声感情認識AI」を無償提供している。AIが大量の音声データを「平穏」「幸福」「怒り」「悲しみ」「恐怖」「嫌悪」「驚き」の7感情に分類し、それぞれの成分を数値化したり、グラフ化したりできる。

そのほか、詳細は以下の記事をチェックしてほしい。