IBMのWatsonでコードを書かずに画像分類モデルを作成してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

「IBM Watson(Watson)」は、IBMが公開している機械学習ツールで、簡単にモデルを作成できます。今回はWatsonを使って、犬と猫の画像を分類するモデルを作成します。

1.Watson Studioへアクセスする

まずは、IBMクラウドのアカウントを作成する必要があります。作成したらログインをして、左のメニューから「Watson」を選択します。

「すべてのwatsonサービスを参照」をクリック。

「Visual Recognition」を選択します。

「作成」をクリックし、Watson Studioを起動します。

2.モデルを作成する

次は「Classify Images」を選択します。

dogとcatというクラスを作成します。

3.データを分類する

クラスを用意できたら、右上のBrowseから事前に用意した犬と猫の画像を30枚ずつアップロードします。次に、右下からアップロードした画像にチェックをつけ、Add to modelでモデルに加えます。

すると、Unclassifiedというクラスが作成されるので、クリックします。

画像を1枚ずつクリックし、「Classify」からクラス名を選択して「Submit」します。

4.モデルに学習させる

すべての画像をSubmitにしたら、右上の「Train Model」をクリックします。

5.モデルに推論させる

学習が終わると、右上に通知が出るので、「here」をクリックします。

Testを選択し、画像をアップロードすると、結果が表示されました。

最後に

今回は、Watsonを使い、まったくコードを書かずに、犬と猫を画像を分類するモデルを作成しました。Watsonでは画像分類以外のモデルも作成できるので、ぜひ試してみてください。