96時間以内の浸水被害のリスクをピンポイント予測 気象データをビッグデータ解析で

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社ウェザーニューズは8月13日、スマホアプリ「ウェザーニュース」において、大雨・豪雨災害による被害を最小限にするために「浸水被害リスク予測」を提供開始したと発表。気象データをビッグデータ解析することで、今後96時間以内の浸水被害のリスクを予測する。対応OSはiOSAndroid。価格は無料。

アプリの画面上では、今後96時間以内の浸水被害のリスクを「ひざ・腰以上」「すねの高さ」の2段階で予測する。現在までの降水量(24時間積算/48時間積算)も確認可能。周囲のリスクを地図上に表示し、地図をスクロールすることで、職場や実家周辺など現在地以外のリスクもマップで把握できる。

本機能では、ウェザーニュース独自の気象予測と、国土交通省や都道府県が公表している低位地帯情報、浸水想定区域データに加え、西日本豪雨(2018年7月)で実際に発生した浸水被害と当時の気象データをビッグデータとして解析し、この先96時間以内の浸水被害のリスクを1kmメッシュでシミュレーションする。

西日本豪雨の浸水被害のデータには、当時ウェザーニュースのユーザーから寄せられた写真付き報告や浸水被害に関するアンケート調査の結果などを用いた。



ウェザーニュースが2018年に実施した調査では、西日本豪雨の際「避難すべき状況」と認識していたにもかかわらず避難しなかった人は全体の84%にものぼる、そのうち、4割以上の人が避難しなかった理由として「自分の周辺は大丈夫だと思った」と回答した。水害は危険が迫っていることを直前まで感じにくいのが特徴とされる。

現在、西日本から東日本の広範囲で大雨が予想される。ウェザーニューズは「多いところでは西日本豪雨に匹敵する雨量となるおそれがあり、大雨災害に厳重な警戒が必要です。『浸水被害リスク予測』を活用し、リスクが予測されている場合には早めの避難や安全確保、避難ルートの変更など、防災・減災にお役立てください」と呼びかけている。

>>ニュースリリース