【ウェビナー配信中】データ活用を「アイデア」から「実行」に進める方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファックスの廃止や、COVID-19の感染拡大によるリモート会議の活用など、多くの企業でデジタル化が浸透しつつあります。しかし、ビジネスの変革という意味でDXが進められるケースは未だ多くなく、そもそも、どのように具体性を持って進めれば良いのか分からず、プロジェクトが踏み出せないケースが多々あります。

本ウェビナーでは、ビジネスとテクノロジーの融合について、事例やトレンドを中心に企業が本当の意味でDXを推進するためのヒントについてパネルディスカッションをお届けします。

本ウェビナーは、10/26に行われたLedge.ai Webinarのアーカイブ配信となります。
ウェビナーを視聴されたい方は、以下の視聴用フォームにご記入いただき、動画ページへお進みください。視聴は無料です。

視聴用フォーム


こんな方におすすめ

DX推進に関わる方、AI/データ活用に関わる方

登壇者

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン 代表取締役
ロベルト・トリンドル 氏

1968年オーストリアのインスブルック市生まれ。
1992年インスブルック大学で数学と音楽の修士号を取得。
その後、東京大学先端科学技術研究センター、パリ国立高等鉱業学校などに留学。三菱生命科学研究所を経て、1998年からコンサルタントとして独立。
2008年データダイレクト・ネットワークス (DDN)に入社後、2016年9月よりグローバル市場担当シニア・バイス・プレジデントとして、DDNセールス、マーケティング、プロダクトマネジメント、フィールドサービス、サポートの全機能をグローバルに統括している。
DDN日本法人代表取締役も兼務。

エヌビディア合同会社 エンタープライズ事業本部 事業本部長 / 一般社団法人 日本ディープラーニング協会 理事
井﨑 武士 氏

1997年東京大学工学部材料学科卒業後、1999年東京大学大学院工学系研究科金属工学専攻修了。1999年日本テキサス・インスツルメンツ株式会社に入社。DVDアプリケーションプロセッサ、携帯電話用カメラ映像、画像信号処理プロセッサ、DSPアプリケーションの開発を経て、デジタル製品マーケティング部を統括。エンターテイメント製品からインダストリアル製品にいたる幅広い領域のビジネス開発に従事。2015年エヌビディアに入社し、深層学習(ディープラーニング) のビジネス開発責任者を経て、現在エンタープライズ事業本部を統括。

株式会社レッジ Ledge.ai 編集長
高橋 忠弥(モデレーター)

前職は出版社においてIT・デジタル系のウェブメディアと週刊誌の編集者として活動。また、有料会員制メディアの立ち上げからグロースにも携わる。2019年11月にレッジに参画。2020年7月からLedge.aiの編集長に就任。記事執筆以外にも、セミナーやPodcast等さまざまな媒体での出演経験を持つ。無類のアイスコーヒー好き。

お申し込みはこちらから