10月28日(金)16時〜【ウェビナー】AIモデルの持続的運用のために企業は「責任あるAI」「AIガバナンス」「MLOps」をどう実現できるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

AIの本番運用に欠かせない3つの要素:責任あるAI、AIガバナンス、そしてMLOpsとは

多くの企業がAI活用に取り組みを始め、現在では本番稼働されるAIモデルの数が増えてきています。

運用しようとしているAIモデルにおいて、ビジネスの観点、または社会倫理の観点においてバイアスのない適切な判断をできているでしょうか?
また、AIが適切な状態にあることを、どのように確認・管理をしていますか?

企業は、自社の社員に適切な行動を求めるのと同様に、運用するAIモデルに対しても同様に管理し、責任を持つ必要があると考えられます。そのようなルールや規制は整備中で、世界中の国々や政治・経済連合が、AIの利用に関するガイドラインを制定すべく動いています。制定後は、現在稼働しているAIも、管理対象となるでしょう。企業はこのような動きを見越して、本番稼働に耐えうるAIとその稼働環境を開発・展開する必要があります。

『そのために、「責任あるAI」に加えて必要なのが、「AIガバナンス」と「MLOps」に対する理解と実装です。』と、機械学習のプラットフォームを提供するDataiku社は述べています。

本ウェビナーでは、「責任あるAI」「AIガバナンス」「MLOps」の3つの要素とその関係性について、Dataiku社のデータサイエンス インプリメンテーション マネージャーである簑田氏をゲストに迎え、改めてその概要を確認していきます。

こんな方におすすめ

  • DX推進チームとして、自社におけるAI活用の取り組みをリードおよび担当されている方
  • AIモデルの本番稼働化および安定稼働に取り組んでいる方

配信日時
2022年10月28日(木) 16:00〜17:00
※登録者にはアーカイブ視聴URLを送付いたします。

プログラム(予定)

第1部:プレゼンテーション
プレゼンテーションの内容例

  • 「責任あるAI」、「AIガバナンス」そして「MLOps」とは
  • 「責任あるAI」や「AIガバナンス」、「MLOps」実現のためのテクノロジーアプローチ
  • AIプラットフォームを使うメリット

第2部:ディスカッション
ディスカッションのテーマ

  • 「責任あるAI」や「AIガバナンス」、「MLOps」のために、企業や現場がいまどのように取り組んでいるか、またそこでの課題
  • 「責任あるAI」や「AIガバナンス」、「MLOps」実現のためにAIプラットフォームを利用することの合理性
  • 企業はどうリテラシーをつけるべきか

 

登壇者

Dataiku

データサイエンス インプリメンテーション マネージャー
簑田 高志 氏

Dataikuをご購入のお客様に対し、実際に業務に利用する際に実装を支援するカスタマーサクセス領域を担当。Dataiku入社前は外資系ITサービス会社のBusiness Analystとして主に製薬業界を担当。また、インターネットサービス会社のデータアナリスト・データサイエンティストとして業務に長く従事。

株式会社レッジ

代表取締役社長
小瀧健太
kotaki
IT企業にてデジタルマーケティング支援やメディア運営などを経験した後、IoTベンチャーのウフルにてデータアナリティクス事業の立ち上げやアライアンス、サービス企画を担当。2019年9月に株式会社レッジに入社し、コンサルティング事業の責任者を務めた後、2020年7月に執行役員就任。2021年9月より代表取締役社長就任。

お申し込みはこちらから

開催概要

イベント名Ledge.ai Webinar vol.51 AIモデルの持続的運用のために企業は「責任あるAI」「AIガバナンス」「MLOps」をどう実現できるか
開催形式zoomウェビナー(事前録画)
こんな方におすすめ
  • DX推進チームとして、自社におけるAI活用の取り組みをリードおよび担当されている方
  • AIモデルの本番稼働化および安定稼働に取り組んでいる方

※競合調査を目的とした登壇者の同業者の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

開催日時2022年10月28日(金) 16:00〜17:00
参加費無料・事前登録制

※登録者にはアーカイブ視聴URLを送付いたします。