5月16日【無料ウェビナー】Microsoftエバンジェリストが語る、ChatGPTと共存する未来

このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoftに聞く、ChatGPTの活用法とリスク

2022年末に登場したChatGPTがトリガーとなり、2023年現在にかけて、生成系AIをニュースで見ない日はありません。しかし、ChatGPTは確かに生活に革新をもたらしたサービスですが、そもそもChatGPTには技術的にどのようにすごいのか?ChatGPTに弱点はあるのか?企業が利用する上での注意点は?など、さまざまな論点が存在します。生成系AIと共存するにはどのような方策があるのか?

そこで今回は、日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 エバンジェリストの西脇資哲氏と、ノーコード推進協会(NCPA)代表理事である中山 五輪男氏をお招きし、ChatGPTを始めとする生成系AIの利便性やそれに伴う諸問題について、Microsoftの視点も交えて語ります。

登壇者紹介

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 エバンジェリスト
西脇資哲氏

1969年8月18日 岐阜県生まれ。日本経済新聞でも紹介されたIT「伝道師/エバンジェリスト」。エバンジェリストとはわかりやすく製品やサービス、技術を紹介する職種。1996年から日本オラクルにてプロダクトマーケティングおよびエバンジェリストを 13年間歴任。現在はマイクロソフトにて多くの製品・サービスを伝え広めるエバンジェリスト。講演や執筆活動も行い、企業/官公庁/教育機関でのプレゼンテーション講座を幅広く手がける。さらにドローン愛好家としてもさまざまなメディアで紹介され、普及活動を行っている。著書に「プレゼンは”目線”で決まる」、「新エバンジェリスト養成講座」など多数。

アステリア株式会社
CXO(最高変革責任者)兼 首席エバンジェリスト
ノーコード推進協会 代表理事
中山 五輪男氏

アステリア株式会社 CXO (最高変革責任者) ノーコード変革推進室 室長 首席エバンジェリスト 1964年5月 長野県伊那市生まれ。法政大学工学部電気工学科卒業。複数の外資系ITベンダーやソフトバンク、富士通の常務理事などを経て、現在はアステリア社のCXO(最高変革責任者)、ノーコード変革推進室室長、および首席エバンジェリストとして幅広く活動中。最先端テクノロジーを得意分野とし、年間200回以上全国各地での講演活動を通じてビジネスユーザーへの訴求活動を実践している。様々な書籍の執筆活動や複数のTV番組出演での訴求など、エバンジェリストとしての活動をしつつ、国内30以上の大学での特別講師も務めている。

株式会社レッジ
代表取締役社長
小瀧健太(モデレーター)

IT企業にてデジタルマーケティング支援やメディア運営などを経験した後、IoTベンチャーのウフルにてデータアナリティクス事業の立ち上げやアライアンス、サービス企画を担当。2019年9月に株式会社レッジに入社し、コンサルティング事業の責任者を務めた後、2020年7月に執行役員就任。2021年9月より代表取締役社長就任。

視聴はこちらから

5月16日(火)15:00になりましたら下記から視聴が可能です。このページをブックマークしてお待ち下さい。

※大きい画面でご覧になりたい場合はクリックしてYouTubeにてご視聴ください。

開催概要

イベント名Ledge.ai Webinar vol.55『Microsoftエバンジェリストが語る、ChatGPTと共存する未来』
開催形式YouTubeプレミア公開
開催日時2021年5月16日(火)15:00〜15:45
登壇者<スピーカー>
日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 エバンジェリスト 西脇資哲氏
アステリア株式会社 CXO(最高変革責任者)兼 首席エバンジェリスト ノーコード推進協会 代表理事 中山 五輪男氏
株式会社レッジ 代表取締役社長 小瀧健太(モデレーター)
参加費無料