自然言語AI搭載アドネットワーク「CANDY」を運営するスリーアイズ、第三者割当増資を実施──週間AI業界資金調達ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ledge.aiでは、AI業界の資金調達ニュースを毎週金曜日にお届けする。9月23日〜9月27日のニュースは以下の通り。先週の記事はこちらから。

自然言語AIを搭載するアドネットワーク「CANDY」を運営するスリーアイズ、第三者割当増資による資金調達を実施

調達額
非公開


調達先
マイナビ
VOYAGE VENTURES
CANDYは、スリーアイズが開発・運用するアドネットワーク。昨今の個人情報保護規定やITPによるcookie参照制限により影響を受けてしまう既存の運用型ディスプレイ広告サービスとは異なり、cookieを参照せず、高精度な記事ターゲティングと最適化運用を全自動で行う、次世代型のネット広告配信サービスだ。

今回実施する資金調達を通じて、営業の強化と出資企業との協業体制の構築と、その学習データの活用により、

  • 広告・コンテンツの配信量の拡大
  • クライアントやパートナー企業のネット事業の成長に貢献する応用サービスの拡充

を進めていくという。

映像クラウドプラットフォームを運営するセーフィーに、キヤノンマーケティングジャパンが9.8億円の追加出資を実施

調達額
9.8億円


調達先
キヤノンマーケティングジャパン
Safie(セーフィー)はカメラとインターネットをつなぐだけで、いつでもどこでも映像を確認できるクラウド録画型映像プラットフォームを開発・運営しており、2017年にクラウド録画カメラ国内シェアNo.1を獲得。「映像から未来をつくる」をビジョンとし、映像があらゆるところで活躍する未来を創造し、多くの人が手軽に使えるプラットフォームを目指している。

キヤノンマーケティングジャパンは2017年9月に、クラウドによるライブモニタリングや録画サービスのニーズの高まりを受け、ネットワークカメラのクラウドサービスを展開するセーフィーと資本業務提携を実施している。

InSightは、IoTセンサーを通じて取得した来店客数や顧客属性、POSや店内の導線、レジ待ちなど店舗内の各種データをはじめ、天気・スタッフなどの付随データを含むあらゆるビッグデータを取得・統合し、ビジュアル多彩で見やすいレポート画面として可視化。さらに、eラーニング機能(操作方法・データ活用方法チュートリアル)を通じて、データの取り扱いをサポート、従来のプロダクト・サービスでは困難だった店鋪でのデータ活用を促進し、店舗スタッフが実際に顧客サービスへ反映することで、顧客サービスの向上を実現している。

この度のセーフィーへの追加出資により、キヤノンマーケティングジャパンはネットワークカメラのクラウドサービスを中核に位置付け、以下の2点を実施する。

  • ターゲット業種の拡大
  • 中・大規模顧客へのアプローチ強化

一方、セーフィーはこの度の追加出資を受けて、キヤノンマーケティングジャパンとの協業による製品企画や開発を強化する。具体的には、

  • Safieソフトウェアモジュールのキヤノン製ネットワークカメラへの対応を推進
  • 映像解析ソフトウエア“BriefCam”を利用したアプリケーションの提供

の2点を進める計画である。

この両社でのシナジー創出で、映像活用による新たな社会課題の解決を目指すとともに、クラウドサービスならではの拡張性を生かし、様々な業界で役に立つアプリケーションの拡充を図るという。

小売業界に向けたデータ活用ソリューションを提供するFlow Solutions、総額1.5億円の資金調達を実施

調達額
1.5億円


調達先
DNX Ventures
アコード・ベンチャーズ
HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND 
楽天キャピタル
Darwin Venture
Flow Solutionsは、カメラなどの端末で取得したデータを統合し、分析、可視化、予測などが可能な、小売り向けストアコミュニケーションプラットフォーム「InSight」を開発・提供している。

InSightは、IoTセンサーを通じて取得した来店客数や顧客属性、POSや店内の導線、レジ待ちなど店舗内の各種データをはじめ、天気・スタッフなどの付随データを含むあらゆるビッグデータを取得・統合し、ビジュアル多彩で見やすいレポート画面として可視化。さらに、eラーニング機能(操作方法・データ活用方法チュートリアル)を通じて、データの取り扱いをサポート、従来のプロダクト・サービスでは困難だった店鋪でのデータ活用を促進し、店舗スタッフが実際に顧客サービスへ反映することで、顧客サービスの向上を実現している。

今回の調達を通じて、

  • チーム強化
  • ポイントサービスの分析機能やエクスポート機能を追加
  • AIを使用した予測機能の充実

を図っていくつもりだ。

また、店舗における様々なデータの収集・活用を通じて、店舗における顧客体験の向上に貢献していくという。

Noom、セリーナ・ベンチャーズ(Serena Ventures)より資金調達を発表

調達額
非公開


調達先
セリーナ・ベンチャーズ
Noomは人々の習慣、行動を変える行動変容におけるリーディングカンパニーで、ヘルスケア業界とダイエット業界に破壊的イノベーションを起こしており、1000人以上の思いやり深いパーソナルコーチと最新のモバイルテクノロジー、心理学、AIの力を融合することで、人々の長期的な習慣を変え、より良いヘルシーライフスタイルを獲得できるサポートをしていく。

今回の資金調達により、資金に加え、同社の持つ広大なネットワークと多くのポートフォリオ企業へのアクセスを得る。臨床的に証明されたNoomのプログラムは、思いやり深いパーソナルコーチと最新テクノロジー、心理学を組み合わせ構成され、一人ひとりのユーザーの減量過程に合わせ、パーソナライズされたサポート、ガイダンス、モチベーション管理を提供することが可能だ。