国内シェアNo.1『WinActor』にRPAの“今”と“これから”を聞いてきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

「業務改善」を目的にさまざまな企業で導入が進んでいるRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)。

日常の業務で反復される作業や高度な判断を必要としない作業を人間に代わっておこないます。

これまでLedge.aiではAIを使った自動化・業務改善を数多く取り上げていきましたが、その点でAIとともに語られることの多いRPAも気になりますよね。

今回は、RPA国内シェアNo.1で、さまざまな企業への導入実績を誇るWinActorについて、

  • RPAの現状
  • WinActorが国内シェアNo.1である理由
  • RPAとAIの親和性
  • WinActorのこれからの展望

などの視点からNTTアドバンステクノロジの山本顕範さん、服部孝志さんにお話をお伺いました。

RPAは定型化された業務に強い。バックオフィス系業務の効率化へ

――多くの企業で導入が進んでいるRPAですが、 あらためてRPAとは何か、そしてRPA導入の利点についてお聞かせください。

――山本
「RPAは、コピーアンドペーストに始まる繰り返し業務などあまり判断を必要としない業務に対して、人間に代わっておこなうというもので、要は業務の自動化です。」

山本さんによれば、RPAの利点は人間でやるより速く、そして何と言っても間違いがないところ。人事・総務・財務会計といった誰がやっても同じような流れで同じような結果が出る場面で導入が多いんだとか。

――服部
「もうひとつの良い点は、今のシステムはそのまま改修せずに自動化できるというところです。通常、基幹システムを更新しようとすると相当な時間とコストがかかるものですが、そこの敷居を低くするのがRPAでもあります。」

作業をいつも通りおこなう中で業務を自動記録することもできるそう。そのまま自動化できるということで、今までの業務フローを変更しなければいけない、といったこともないそうです。

国内シェアNo.1の理由はGUI設計の導入しやすさと運用の簡易さ

――他社の製品と比較したときWinAcotrの長所はどこでしょうか?

――山本
「自動化に目をつけるのが早かったので、長い年月をかけて洗練されてきたところが強みです。もともとNTTの研究所の中で、大量のデータをうまくさばきたいという需要がありました。そこで10年前、当時まだRPAという言葉ができる前でしたが、RPAの開発が行われ実際に研究所内で使われ始めたという経緯があります。」

なんと、現在のRPAブームよりも10年も前から研究開発が行われているそう。自社内の業務の効率化を図りたいという原体験から、使いやすさを重視したものになっているんですね……!

――山本
「大きな特徴は、WinActorではプログラミング言語が必要ないというところです。分かりやすいフローチャートによって、普段コンピューターをあまり使わない人でも簡単にシナリオを作れます。また業務の見える化にも注意しています。シナリオを作成した人以外でもどのように自動化がおこなわれているかが分かり、引き継いでシナリオを作成することも容易です。」

プログラミング言語は慣れていない人にとっては敷居が高いもの。WinActorではGUIのみですべて完結し、どのように自動化されているかも一目でわかります。引き継ぎがスムーズにおこなえると、引き継ぎにかかっていた時間・コストの削減にもなりますね。

――服部
「他社と比べて一番優れていると思うのは、導入までの道のりが短いところです。他社であると専門家が必要で、デバッグしたりそれなりの工程が必要である一方、WinActorではゼロとは言いませんが、そこの敷居が低いんです。」

実際、セミナーを開催するとだいたい半日から1日でロボットを作ってしまう人もいるそう。エラー処理やトラブル対応など含めても1日から2日と、かなり短期間で使えるようになってしまうんだとか。

なかには数時間でロボットを作ってしまい、その日のうちに実行までしてしまう人もいるというので驚きです。

――山本
「WinActorは個人でも使える柔軟なRPAでもあります。1台からでも導入が可能で、完全に定型化されていない場合でもある程度はでき、ユーザーが画面を見ながらできることは基本的には可能です。そのため、業務上で突発的に発生した仕事をいま処理したい、というニーズにも答えられます。」

毎日発生するこの作業をうまく自動化できないか、イレギュラーで発生したこのデータ処理どうしよう……というニーズは案外多いもの。条件分岐や繰り返しなどを組み合わせることでシナリオを柔軟に作成可能なそうです。

AIとRPAの親和性

――人間に代わって業務をおこなうRPAですが、より高度な判断もおこなうためにAIと組み合わせられるのか気になります。

――服部
「AIと連携させようという試みも始まってきています。ただ、将来的には人間が判断しなくてもよくなると言う人もいますが、やはり人間の判断は必要になってきます。RPAはそもそも定型化されたものを自動化するというものなので、条件が常に変わるようなものに対しては、人間が判断しないといけません。」

正確さが求められているRPAにおいて、AIにすべての判断を任せてしまうことは、まだ難しいんですね。

――山本
「AIが日常の業務の中で同じような作業を反復している場面を検知して、自動化を提案する。さらにそれにあったシナリオのテンプレートがあればそれをレコメンドする。そういった部分ではAIとの組み合わせの余地はあると思いますね。」

RPAのシナリオ内にAIを用いるのではなく、AIが日々の業務の中でRPAを使える部分を探す。AIによる自動化の提案は十分可能性があります。

WinActorも今後このAIによる自動化の提案については実際におこなっていきたいそう。

「個人に寄り添ったRPA」で海外展開も目指す

――RPAの今後の課題を挙げるとするとなんでしょうか。

――服部
「RPAに対する認識の問題です。RPAが認知され始めた頃は人減らしの道具のように言われたことがありましたが、結局は人の目が必要だったり、見込み違いだったということもあって。都市部ではかなり普及してきていますが、まだ地方では普及していなかったり、知識格差の部分で問題があります。」

新しい技術が普及すると、どうしても知識の差がでてきます。RPAを効率よく活かすためにも、知識格差は大きな問題ですね。

――WinActorの今後の展望はいかがでしょうか。

――山本
「海外への進出ですね。勝機としては、基幹系システムの中に入って裏側で動いているものが多い一方、WinActorは個人でも使えるところ。海外にはそういった商品はあまりないです。」

個人の仕事の効率化。海外と日本、同じRPAではありますが、そもそも目指すところは大きく違うんですね。WinActorの「個人に寄り添ったRPA」という特徴を活かせば十分勝機がある、と考えているそうです。

日本では、高齢化による労働者の減少の問題、残業・過労死など、働き方に関する問題が注目されていますが、ひとつの解決策としてRPAは大きな可能性を秘めています。

RPAによって人の働き方はどう変わるのか、今後のRPAの動向に注目していきたいです。