「初任給50万円」「年俸650万円超」DX推進でAI・データサイエンスなど新卒スペシャリスト募集開始 採用予定数は10人

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社クロスキャットは2023年3月卒業予定の新卒採用に対し、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する先端IT人材の採用強化を目的に、新卒スペシャリスト採用を開始することを発表した。

通常の新卒採用とは別に、AI(人工知能)やサイバーセキュリティ、フィンテック、データサイエンスなど先端IT技術に関して研究している人材や、高度資格を取得している人材などを対象に、同社規定の新卒初任給の約2倍の給与で募集する。初任給は月50万円で年俸650万円以上を想定し、採用予定数は10人を予定している。

同社は、中期経営計画「Impress with customers 2023」を策定し、コア事業であるシステム開発を軸に、DX推進を支援する独自のフレームワーク「CC-Dash」やクラウド勤怠管理システム「CC-BizMate」の開発・提供など、先端IT技術を活用した新たなコア事業創出に向けて取り組んでいる。今回、さらなる事業成長に向けた取り組みを加速させるため、新卒スペシャリスト採用を開始して先端IT人材の採用強化を図る。

主な募集対象は、2023年3月卒業予定で、同社のDX・IT事業において活躍できる人材だ。採用した人材は、先端IT技術を生かしたシステム開発プロジェクトや新規ビジネス推進など、DX事業に関する業務を担当する。

>>ニュースリリース