初月無料で導入5分!国産フルパッケージMA『xross data』が高機能すぎて怖い

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザーの行動にフックをしかけ、より能動的なwebマーケが可能に!と、今や大人気のMA(マーケティングオートメーション)ツール。マーケターのみならず「一回使ってみたい」と考えたことはあるはず。が、しかし

  • そこそこ機能が多い本格ツールはやっぱり高い
  • オープンソースMAなんてのもあるらしいけど導入コストが…
  • とりあえず使ってみるにしたって使いにくいのはちょっと

てな感じで、ブクマしてチームのチャットルームにシェアしたものの結局何もやってないなー。なんて方も多いんじゃないかと。

で、今回紹介するツール『xross data』です。これなら、今度こそ本当に ”試せるツール” になるんじゃないかな?と。

無料でスタート可能。その後3ヶ月目まで月2万(つまり2万円で90日使える)というかなり廉価なMAツールなのに、機能が全然『ライト』じゃ無いんです。

メイドインジャパンの底力!超多機能ながら使いやすいUIとサポート体制

xross dataの機能はとにかく多く、しかもカスタマイズ可能なため一記事で紹介するのがかなり困難なんですが、ザッと洗い出すと『ユーザー個別追尾』『ユーザーアクション分析』『各種施策の効果分析』『施策の自動化』がメイン機能となります。

主要なものを幾つかピックしてみるだけでもこんな感じ。

行動ログからユーザーを個別プロファイリング

  1. 総額5万円以上を購入しているが、3ヶ月以上アクセスの無いユーザー
  2. 商品をよく見てお気に入り登録しているが、まだ購入していないユーザー
  3. 1万円以上をカートに投入しているが、そのまま放棄しているユーザー

上記のようなユーザー行動をセグメント対象に設定。彼らの行動を詳細に追尾可能。

例えば『3のユーザーが再びログインしたタイミングで○○を自動メール配信や特設ポップアップバナー表示を行う』といった具合ですね。

メール連携は外部依存なのでそこだけ要注意

xross data本体にはメール配信機能は付いておらず、既存のメール配信サービスとの連携が前提。ちょっとここがネックですが、既に外部メール配信サービスを使っている場合は逆にUI変わらず使いやすいかもですね。

またこの価格帯のプロダクトとしてはほぼ唯一。会員IDで紐付けてPCサイト、スマホサイト、アプリなどで横断的にユーザー追尾も可能だったり。

さまざまなデバイスを横断的につかうユーザー個別のジャーニー計測まで可能なので、例えば『PCで○○したユーザーが同日中にアプリで■■したらポップを出す』なんて施策設計も可能です。

ECサイトですぐに使える!カート分析機能も標準装備

さらにおっかないことに、最初っから分析 ⇒ 仮説提唱機能を持っているためこんなことも…

  • これまでの行動ログから自動で『1ヶ月以内に非アクティブになりそうなユーザー』を洗い出してセグメント
  • カート放棄率をシミュレートして「これが改善したらどの程度売上が上がるのか?」を可視化
  • 併売した商品の組み合わせをバスケット分析し、興味関心、比較購入などの行動をシーケンス化
  • スマホ×SNSをからアクセスして会員登録もしくはメルマガ会員登録後に購入した新規ユーザーを絞ってアクションを設計したり
  • F1層で、キャンペーンページを見た後にカートに投入したけど結局離脱した会員をターゲットにしたり

などなど。「え?これまじで代理店とか解析専門家とかいらなくない?」と言いたくなる異常な高性能っぷりを発揮してくれます。

これだけの情報を『いい感じにまとめてる』からこそ、これまでなかなか難しかった

  • Positiveコンバージョン(≒アクション後優良顧客化…など)
  • Negativeコンバージョン(≒アクションしたけど優良顧客化しなかった…など)

などの情報の可視化とレポーティングも可能。

もちろん導入前に蓄積した各種購買データやユーザー行動データなどのインポート機能も存在。やや設定は面倒ですが、『既存サイトでしっかり試す』という運用にも応えてくれます。

ユーザー属性別の特性傾向やランキング機能も完備

さらに、超詳細で精緻なセグメントだからこそできるレポーティングとして、例えば以下のような傾向分析も可能。もちろんこれをフックにアクション設計をすることもOKです。

  • 広告経由で訪問して直帰したユーザーの会員/非会員比率
  • 訪問して動画を再生した会員の性別
  • ソーシャルから訪問して会員登録した会員の年齢帯
  • メールから訪問して購入した会員の都道府県

もう機能紹介だけで疲れてきましたが、上記のような属性別レポートが、『DBと連携することなく即座に生成できる』と言われれば、その凄さは伝わるかなと。

ここまでやれて初月無料+2ヶ月MAX1万円という超廉価設定にワンタグ仕様

ぶっちゃけまだまだ機能盛りだくさんなんですが、全部紹介してると泣きたくなってしまうのでひとまずこの辺で。要するに「本当にフルパッケージなMAなのね」とご理解いただければまぁOKです。

にも関わらず、面倒なCRMとのつなぎ込みは不要。ワンタグ埋め込み+各種パラメータの設定のみで使える!というのは嬉しいところ。

これで初月無料+2ヶ月まで月10,000円(つまり2万円で3ヶ月使える)という価格設定は正直驚きです。大丈夫なのかと心配になるレベルです。

始まったMAの価格勝負。いよいよ全ての商用サイトにMAが入る…なんて時代かも?

さて、ここまで勢いよくマーケティングオートメーションツール『xross data』の紹介をゴリゴリ書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

以前Ledgeでも紹介しましたが、もはやmauticなんかのオープンソースMAなども出てくる時代。

恐らくですが、こういった廉価×高機能なモデルもガンガン出てくるフェーズに入ったのかも知れませんね。(Google Analyticsの360にも似たよーなのがあるらしいですし…)

アクセス解析して、施策打って、PDCA回して…という、これまでの当たり前なやり方が変わり、仮説ではなく事実に基づいたデジタルマーケが進んで行くんだとしたら。

ちょっと楽しみでもありますね。

ではまたー。