ヤフー、検索キーワードなどの情報を基に世の中の気分(ムード)の浮き沈みを推定する 「全国ムード指数」を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフー株式会社で先進的なビッグデータ・AI技術の研究開発を担うYahoo! JAPAN研究所は6月28日、慶應義塾大学SFC研究所 上席所員(常勤) 大越 匡 准教授(環境情報学部)と連携し、ユーザーの検索キーワードなどの情報をもとに「世の中の気分」(以下、ムード)の浮き沈みを推定する「全国ムード指数」を公開したと発表した。

Yahoo! JAPAN研究所は、2019年度に実証実験を実施し、協力を得たモニターの方から同意の上で取得した検索データやセンサーデータ、調査アンケートデータを踏まえ、慶應義塾大学SFCと連携し、機械学習を活用して検索キーワードからムードを推定するAI「検索気分モデル」を作成した。

同モデルを用いて分析すると、特定の検索キーワードとユーザーのムードには関係性があることや、「土日はムードが高くなり、(休日後の)月曜はムードが低くなる」「新型コロナによる緊急事態宣言が発令されるとムードが低くなる」、「新型コロナに関して、第一波、第二波と時間が経過するにつれて、ムードの低下具合が緩和されている(新型コロナに慣れつつあることが推測される)」ことなどがわかった。

これまで「全国ムード指数」は一般公開していなかったが、より多くのユーザーにAIやデータを使ったテクノロジーの楽しみや将来の可能性を知ってもらうべく、「全国ムード指数」ページにて、週単位の傾向を公開するという。

両者の役割は以下のとおり。
【Yahoo! JAPAN研究所】

  • 2019年度に実証実験を行い、協力を得たモニターの方の検索データやセンサーデータ、調査アンケートデータを収集
  • 慶應義塾大学SFC研究所と連携し、AI「検索気分モデル」を作成
  • 「全国ムード指数」ページの運用

【慶應義塾大学SFC研究所】

  • データマイニング(ビッグデータの中から有益な情報を抽出する技術)
  • Yahoo! JAPAN研究所と連携し、AI「検索気分モデル」を作成

「全国ムード指数」公開にあたって、Yahoo! JAPAN研究所 所長の田島玲氏は以下のコメントをしている。

「Yahoo! JAPANおよびYahoo! JAPAN研究所は、インターネットの力を活用して、ユーザーや日本の課題を解決していきたいと考えています。そのためにはユーザーや日本全体の事をより正しく理解することが必要であり、今回慶應義塾大学と連携して発表した「全国ムード指数」はその第一歩であると考えています。将来的には、例えば気分が落ち込んでいるユーザーに対して明るい話題や気分が上がるようなコンテンツを表示するなどさまざまな可能性を検討し、ビッグデータや技術の力を次世代の社会の課題解決へ活用してまいります」

慶應義塾大学SFC研究所 上席所員(常勤)の 大越匡氏は、以下のようにコメントしている。

「人のこころは、外から見て分かる「体の動き」などとは違って見えないが故、研究対象としては難しいテーマです。IT/AI技術が発展し、我々の生活に調和しながら溶け込んで人間社会を支援するSociety 5.0 の実現に向けては、人々の心身状態に寄り添ったしなやかな情報システム・サービスの実現と提供のため、人と社会をより理解する必要があります。我々の研究成果にもとづく社会実装の一形態としての『全国ムード指数』が、『こころ』を大事にするこれからのネット社会実現の一助となれば幸いです」

>>ニュースリリース