ZOZO、AIが類似アイテムを探す機能をWEARに導入 商品購入者など約1.5倍に

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社ZOZOは9月28日から、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」に、人工知能(AI)により、ユーザーが閲覧するコーディネートからファッションアイテムを検出し、似ている商品を検索できる新機能「類似アイテム検索」を提供開始した。

本機能の開発は、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」や「WEAR」などZOZOグループが運営するサービスの技術開発を担う、株式会社ZOZOテクノロジーズが実施している。

AIが似ている商品を検出して一覧を表示する

「類似アイテム検索」では、各コーディネート画像上にある「画像検索アイコン」をタップすると、WEARに投稿されたコーディネート画像に使われているファッションアイテムの形・質感・色・柄などをもとにAIが似ている商品を検出し、一覧で表示してくれる。

また、検出できたカテゴリーから、ユーザーが探したいアイテムを選択でき、ZOZOTOWNで取り扱う約281万点の商品のなかから、似ている商品を探し出せる。現在はジャケット、トップス、帽子など9カテゴリーに対応しており、今後も順次拡大予定とのこと。

さらに、コーディネート画像に使われているアイテムと似た商品を検索する際に「男性・女性・キッズ」のなかから見たいアイテムを絞ることができる。たとえば、1枚のコーディネート画像から、大人と子どもの似ている商品をそれぞれ検索して、親子でお揃いコーデを楽しむなど、さまざまな活用を実現する。

商品に興味を持つ人や購入する人の割合が約1.5倍に増加

ZOZOは本サービスを提供することで、ユーザーが持つ「このコーデに使われている洋服が欲しいけど、どう検索したらいいかわからない」「似たような柄や形の商品を一気に見比べたい」「気に入ったコーディネートを見つけても、欲しいものを探し出せない」などの悩みを解消し、ユーザーが求めているファッションアイテムとの出会いをアシストするとしている。

本機能はスマホブラウザのWEARで先行リリースを実施しており、導入前と比べて商品に興味を持つ人や購入する人の割合が約1.5倍に増加するなど、WEARだけではなく、ZOZOTOWNの利用拡大にも寄与したという。なお、本機能はZOZOTOWNのスマホブラウザとアプリにも導入されている。気になる人はチェックしてみては。

>>ニュースリリース

【ZOZO】古着の値付けをAIで ── 「手放す」を社会に浸透させる

ZOZOTOWNでは、商品を購入する際、過去に購入した商品の下取り価格が表示され、その場で割引が適用される「買い替え割」を実施している。タンスの肥やしになってしまった服を引っ張りだし、下取りに出すと、簡単に欲しい商品を割引価格で購入できるサービスだ。

ZOZOグループで二次流通部門を担う株式会社ZOZOUSED(※2019年11月1日に、ZOZOUSEDはZOZO・ZOZOテクノロジーズに吸収合併された)は、AIを活用した値付けで在庫削減や査定額アップを実現した。2019年の取材時には、およそ半数のアイテムをAIで値付けしており、価格の的中率(AIの値付けで実際に商品が売れた確率)はAI導入前の1.5倍としていた。

Ledge.ai編集部では、古着の値付けをAIで設定する狙いや開発ストーリーを旧ZOZOUSEDの担当者に聞いた。気になる人は以下の記事をチェックしてほしい。