AI書類読み取りと支払い判定で保険金を翌日支払い チューリッヒががん保険で対応

このエントリーをはてなブックマークに追加


チューリッヒ生命保険株式会社は、保険加入者が最短で翌営業日に給付金を受け取れるWeb請求システムを11月17日から提供開始した。

今回新たに導入されたシステムは、2回目以降の抗がん剤・ホルモン剤治療給付金などの請求がスムーズになるもの。加入者は、医療機関で発行される診療明細書をスマートフォンからアップロードするだけで支払い審査ができる。

請求システムの流れはこうだ。対象者がチューリッヒのHPから給付金をWeb請求すると、診療明細書アップロード用のURLを記載したSMSが送られる。リンク先から診療明細書の画像をアップロードすると審査が申し込める。

システムにはAIの書類読取機能と、事前に設定されたルールに従って判定する支払判定機能が導入されており、給付金の申請から受け取りまでがスピーディに完結するという。

対象商品は以下のとおり。

  • 終身ガン治療保険プレミアム、3大疾病保険プレミアム
  • 終身ガン治療保険プレミアムDX、3大疾病保険プレミアムDX
  • 終身ガン治療保険プレミアムZ、3大疾病保険プレミアムZ

「抗がん剤・ホルモン剤治療給付金」、「抗がん剤治療給付金」、「ホルモン剤治療給付金」の2回目以降が対象になる。詳細の確認及び調査・追加書類が必要な場合は、電話での連絡や確認が発生するとのことだ。

がん治療は常に不安がつきまとうもの。金銭面の心配事が少し減ることで、患者や家族の心理的な負担も変わってくるかもしれない。

>>プレスリリース