IT職種の平均年収は438万円 昨年から14万円減、平均年収トップはプロジェクトマネジャー

このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サイト「doda」は2021年12月22日、「IT職種の平均年収ランキング2021」を発表した。本ランキングは、2020年9月~2021年8月の1年間にdodaエージェントサービスに登録した約45万人のデータから、IT関連業種・IT職種で正社員として働く20歳~65歳までの人をピックアップして平均年収をまとめたものだ。

2021年のIT職種の平均年収は438万円で、昨年から14万円減少した。IT職種の平均年収額の推移をみると、2019年から2021年にかけて減少傾向にある。

今年は昨年と比較して、年収水準が低めのポテンシャル層や若手層の登録が増加傾向にあり、転職希望者の割合が増加したことが平均年収に影響したと考えられる。

しかし、全職種の平均年収と比較すると、IT職種の年収のほうが35万円高く、需要が高い職種であることがわかる。

「プロジェクトマネジャー」が671万円でトップ

IT職種の平均年収トップ20のうち、2年連続で平均年収が増額したのはランキング1位の「プロジェクトマネジャー(671万円・昨対比+7万円)」のみだった。

2位の「プリセールス(630万円)」は3位「ITコンサルタント(585万円)」との差額が大きく、順位の変動はないものの、昨対比−28万円と大きく減少する結果となった。

4位の「IT戦略/システム企画(576万円)」は昨対比+1万円と微増だが、IT職種の中で唯一、全年代の平均年収が増加した。

昨年と比較して、年収が増加したのは4職種、減少したのは14職種。ランク外からランクインしたのは2職種と、金額は減少傾向にあるが、ランキングの順位に大きな変動はなかった。トップ7の順位も過去5年間変動していない。

「IT/通信」業界の年収は減少傾向

次に、「IT/通信」業界の2019年からの平均年収の推移を見ると、2019年は446万円、2020年は444万円、2021年は433万円と、全体的に減少傾向という結果になった。

「IT/通信」業界に分類される4業種の平均年収において、「20代」は4業種のうち3業種の年収が減少したのに対し、「30代」以上ではほとんどの業種で年収が増加しました。増加額が最も大きかったのは、「50代以上」の「ハードウェア/ソフトウェア/パッケージベンダ(813万円)」で、+57万円だった。

コロナ禍で多くの企業が働き方や制度をデジタルにシフトせざるを得ない状況に直面した。それに伴い、即戦力として活躍できる人材が求められ、提示年収の水準も上がったとたと考えられる。その結果、30代以降の知識や経験が豊富な登録者が増加し、平均年収を引き上げたと想定される。

DX推進で即戦力の年収増加

「IT/通信」の中でも、昨年と比較して平均年収が増加したのは2業種、減少したのは2業種。「ITコンサルティング」は458万円(昨対比+3万円)、「ハードウェア/ソフトウェア/パッケージ」は451万円(昨対比+2万円)、「システムインテグレータ」は452万(昨対比−3万円)、「通信/ISP/データセンター」は398万(昨対比−5万円)だった。

DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する企業が増えたことでニーズが拡大した業種では、即戦力となる経験者を求める企業が多く、年収が増加した一方、「SE」職など未経験の採用を再開させた業種では年収が減少したと考えられる。

なお、「インターネット/広告/メディア」カテゴリでは、「ゲーム(オンライン/ソーシャル)」が407万円(昨対比+6万円)と好調だった。巣ごもり需要で業績好調な企業では、給与や賞与に還元されたケースも見受けられ、それらが年収アップの要因の1つになったと見られる。

【調査概要】
・対象者:2020年9月~2021年8月末までの間にdodaエージェントサービスに登録した20~65歳の男女
・雇用形態:正社員
・有効回答数:約45万件のうちIT業種・IT職種をピックアップ

>>ニュースリリース