東大松尾研発のELYZA、野口竜司が取締役CMOに就任「日本の大規模言語AIは大きく遅れを取っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京大学松尾研発AI(人工知能)企業の株式会社ELYZA(イライザ)は4月1日、経営体制の強化を図るため、取締役CMO(Chief Marketing Officer)として元ZOZO NEXT 取締役CAIO(Chief AI Officer)の野口竜司が就任することを発表した。

野口竜司氏は、株式会社ZOZO NEXTの取締役CAIO(Chief AI Officer)として、事業会社でのAIビジネス活用やAIプロジェクト推進を手がけてきた。一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)の人材育成委員メンバー、Zホールディングス株式会社(ZHD)の企業内大学「Z AI」アカデミアの発起人・幹事も務めている。

ELYZAは、今回の野口竜司氏の取締役CMO就任を受け、大規模言語AIの社会実装を通じたビジネス業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進をより一層進め、事業拡大を加速するとしている。

「日本の大規模言語AIは国際的に見ても大きく遅れを取っている」

株式会社ELYZA 技術顧問 松尾豊氏(東京大学大学院工学系研究科 教授)、株式会社ELYZA 取締役CMO 野口竜司氏、株式会社ELYZA 代表取締役 曽根岡侑也のコメントはそれぞれ以下のとおり。

────株式会社ELYZA 技術顧問 松尾豊氏(東京大学大学院工学系研究科 教授)

「ELYZAが先駆的に手掛けている大規模言語AIは、世の中のいろいろな場面で有効に使うことができます。大規模言語AIを使うことで、人がより働きやすくなったり、本来やりたいことに時間を割くことができるようになるはずです。

大規模言語AIの研究において日本は大きく遅れを取っている状態ですが、そんな中でもELYZAは早くからこの分野での研究や実用化の準備を進めてきました。ELYZAの大規模言語AIの技術を、多くの企業で活用してもらえればと思います。

そして、新たに取締役CMOとして就任する野口さんには、ELYZAのメインとなるロケットエンジンとしての役割を担っていただき、会社を高速に前進させて欲しいと思っています」

────株式会社ELYZA 取締役CMO 野口竜司氏

「イーロンマスクが立ち上げた研究組織OpenAIなどがきっかけとなり、グローバルでは大規模言語AIによる一大ムーブメントが巻き起こっています。前世代までのAIが苦手な分野としていた『会話』領域で技術革新が今まさに訪れ、AIができることの拡張が急速に進んでいます。

一方、日本における大規模言語AIの研究やその実用が国際的に見ても大きく遅れを取っている状態と言えます。そのような中、ELYZAは日本語における大規模言語AIで、高度な研究開発力と社会実装力を有しており、有望な会社です。また、ELYZAは東京大学の松尾豊教授を技術顧問として迎えており、技術面・社会実装面の双方において、先生からの強力なアドバイスを受けながら、着実に実力をつけ成長を続けています。

ELYZAの大規模言語AIは、特にホワイトカラー業務のDX推進において、大きな貢献を期待できます。私がELYZAにジョインすることにより、メンバーと共に、より多くの企業が大規模言語AIの便益を享受できる、そんな状態を創り出せたらと思っています。

大規模言語AIという新しい技術を取り入れ、DXを本気で取り組みたいと思っている経営者・DX推進責任者のみなさま、ELYZAと共に新しいムーブメントを創ってまいりましょう」

────株式会社ELYZA 代表取締役 曽根岡侑也

ELYZAは『未踏の領域であたりまえを創る』というミッションを掲げています。『大規模言語AIを用いたホワイトカラー業務のDX』という、グローバルで見ても未踏の領域で、『あたりまえ』となるサービスの開発を目指しています。

新たに取締役CMOに就任する野口さんは、スタートアップや大企業での経営経験が長く、なおかつ、AI技術の社会実装を進めてきた実績を持つ、日本国内では稀有な経営者です。事業開発やマーケティング、AI開発、組織開発等、幅広い知見を持っています。

今回の野口さん参画は、ELYZAが保有する大規模言語AIの技術をより多くの人々や企業に届けていくうえでも、とても心強いことだと感じております。

今後は新体制で、他国に負けないスピードで、大規模言語AIを用いたDXを進めていけるよう努めてまいります」

>>ニュースリリース