ITエンジニアがオススメする技術書・ビジネス書ベスト10が発表 AIやデータ分析の書籍も

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社翔泳社は1月17日、同社が主催するイベント「ITエンジニア本大賞2022」にて、ITエンジニアがWeb投票したオススメの書籍を集計し、得票数が多かった上位10冊ずつを「技術書・ビジネス書各ベスト10」として発表した。

今回発表したITエンジニア本大賞2022の技術書部門ベスト10は以下のとおり。

特に得票数が多かった書籍は、『1日1問、半年以内に習得 シェル・ワンライナー160本ノック』『機械学習を解釈する技術~予測力と説明力を両立する実践テクニック』『達人プログラマー 熟達に向けたあなたの旅(第2版)』となった。

また、ITエンジニア本大賞2022ビジネス書部門ベスト10は以下のとおり。

特に得票数が多かった書籍は、『進化思考 生き残るコンセプトをつくる『変異と適応』『ビジネスデザインのための行動経済学ノート バイアスとナッジでユーザーの心理と行動をデザインする』『プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで』となった。

2月17日にオンライン開催する総合ITカンファレンス「Developers Summit 2022」内で、特に得票数の多い6冊(技術書・ビジネス書各3冊)の著者、編集者などによるプレゼン大会を実施。プレゼンと書籍内容を参考に、イベント視聴者の最終投票をもとに、技術書・ビジネス書の各大賞を決定する。

>>ニュースリリース