AI主要8市場は2025年度に1200億円へ 2020年度は前年度比19.9%増─ITRの市場予測

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像はAI主要8市場規模推移および予測:分野別(2019~2025年度)

株式会社アイ・ティ・アール(ITR)は8月26日、AI(人工知能)関連の主要8市場である画像認識、音声認識、音声合成、テキスト・マイニング/ナレッジ活用、翻訳、検索・探索、時系列データ分析、機械学習プラットフォームの市場規模推移および予測を発表した。AI主要8市場は2025年度には1200億円に達すると予測している。

2020年度のAI主要8市場全体の売り上げ金額は513億3000万円で、前年度比19.9%増だった。コロナ禍で新規案件の獲得に苦戦するベンダーが散見されたものの、在宅勤務での業務効率化やDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを推進する企業でAIの活用が拡大したことで、躍進したベンダーも多く見られた。各市場ともに新規参入ベンダーが増加傾向にあり、競争激化が進みつつあるという。

AI主要8市場のなかで2020年度に売り上げ金額をもっとも伸ばしたのは機械学習プラットフォーム市場で、前年度比44.0%増になった。参入ベンダーの増加とともに低価格化も進んでおり、今後も導入が拡大すると見込まれる。

次に高い伸びを示したのは翻訳市場で、前年度比38.0%増だった。コロナ禍で海外とのやり取りの書面活用が増加したことなどを背景に、製造業を中心とした大企業での全社導入が増えたことが要因という。翻訳の製品・サービスの精度の向上にともない、これまで外部に委託していた翻訳業務の内製化の動きが見られることから、今後も継続的な伸びが予想される。

本レポートで調査したAI主要8市場の合計を見ると、2020年度は各市場ともに非常に高い伸びを示しており、今後もさらなる拡大が予想される。ITRはAI主要8市場の年平均成長率(CAGR)は2020~2025年度が18.7%で、2025年度には1200億円に達すると予測している。

ITRのシニア・アナリストである舘野真人氏は「AI技術は今日、ビジネスに直接役立つ価値を得るための道具として位置づけられるようになっています。また、AI環境の自作を支援する機械学習プラットフォームや日常のコミュニケーションを効率化する翻訳などの市場の拡大は、AI技術が一部の技術者だけでなく、ビジネスユーザーのための道具として足場を固めていることを物語っています」とコメント。

続けて、舘野氏は「今後に向けては、特定の産業や用途に特化したソリューションや、本番稼働後の性能監視や運用管理を支援するソリューションにおいて需要が拡大すると見ています」と述べている。

>>ニュースリリース