JOYSOUNDに人に近い感覚で歌唱判定するAI搭載 約600万件の歌唱データを分析で

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社エクシングは2月1日、業務用通信カラオケの最新機種「JOYSOUND MAX GO」をバージョンアップし、カラオケ採点に特化した専用AIが、より人に近い感覚で歌唱判定する採点機能「分析採点AI」を搭載したと発表した。

「分析採点AI」は歌が上手に聞こえるポイントを解析して開発した、カラオケ採点専用AIによる採点機能。膨大な歌唱データとそれを聴いて実際に人がつけた点数を用いてディープラーニングし、約600万件におよぶデータの中から点数が高い人の共通点(歌うま要素)を見つけ出すことで、人が感じる点数に近い採点ができる。

「分析採点AI」の特徴は以下のとおり。


エーアイトークナイトバナー
  • AIゲージ:歌唱区間ごとにAIが歌うま要素を解析。うまく歌うほどゲージが長く伸びる。
  • AIボーナス:従来の採点要素(音程・安定感・抑揚・ロングトーン・テクニック)に、歌うま要素を組み合わせてAIが総合的に判断したボーナス点を表示する。
  • 曲中演出の特徴:各フレーズの音程一致率が表示される。拳やシャクリ、ビブラートの回数もカウントする。
  • 結果画面の特徴:豊富な採点項目で自分の歌唱の傾向と評価を認識できる。

そのほか、歌唱力アップのために音楽家のマシコタツロウ氏が監修する総評コメントを表示したり、歌唱した楽曲の声域と自分の声域、自分のキーに合ったおすすめの楽曲をオススメしたりする。うたスキのマイルームに保存すると、お店で歌った歌声や採点結果をパソコンやスマホでも確認できる。

>>ニュースリリース