セキュリティ・DX・AIのミライを話そう。「Macnica Networks DAY 2019」が7/4〜5開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が推進され、データを起点としてさまざまなものが「つながる」時代となった。また、「つながる」ことにより、サイバーセキュリティにおいても網羅すべき点はさらに拡大し、重要性は増している。

クラウド、デジタル時代に突入したいま、新たな価値の創造に向け、企業は何をすべきなのか?

そんな疑問に答えるイベントが、7月4日、5日にかけて開催される。株式会社マクニカ/マクニカネットワークス株式会社主催のカンファレンス「Macnica Networks DAY 2019」だ。

本稿ではイベントの概要と見どころをお伝えする。

DAY1はサイバーセキュリティ・DXで構成

カンファレンスは2日間にわたって開催される。7月4日「DAY1」は、マクニカネットワークスの主軸事業であるサイバーセキュリティに、DXを加えたセッションで構成。

基調講演にはエレベーター、エスカレーターのメーカーであるフジテックの常務執行役員 デジタルイノベーション本部長の友岡 賢二氏が登壇し、同社が実践するセキュリティやDX推進における情報システム部門の役割について語る。

フジテック株式会社 常務執行役員 デジタルイノベーション本部長 友岡 賢二氏

毎年開催される「MNCTF(Macnica Networks CTF)」も見どころだ。「CTF」とはCapture The Flagの略で、セキュリティやハッキングスキルを競うコンテストを指す。

CTFは世界中で行われており、最高峰はラスベガスで行われる「DEF CON CTF」、日本では「SECCON CTF」などが有名だ。

MNCTFでは、webサーバーに公開された問題を解くごとにポイントが加算され、合計スコアを競う。一般の企業、組織のセキュリティ運用で求められるスキルに関する問題が出題される。個人戦で、1社から複数名参加できる。

またDXのセッションでは、各業界を牽引してDXを推進している企業を招聘し、パネルディスカッションを行う。

各社が取り組むDXの経験や、DX推進にあたり検討が必要となる組織やビジネスプロセス、要素技術について深堀りする。データマネジメント戦略の事例講演や、コンテナセキュリティに関するセッションも用意されている。

DAY2テーマはAI・IoT

7月5日「DAY2」では、マクニカグループが展開する「macnica.ai」ブランドを通じた情報発信が行われる。

AI、IoTを取り巻く国内外のさまざまなノウハウやユースケースを中心に、

  • マクニカグループ顧客の事例
  • AI、IoTの世界的な動向
  • AI導入プロセスのコツ
  • 機械学習
  • ディープラーニング
  • データ処理

などのさまざまなテーマが話される。

基調講演には「激動のAI時代に生き残る術とエクスポネンシャル思考」と題し、エクスポネンシャル・ジャパンの代表取締役 齋藤 和紀氏が登壇する。

エクスポネンシャル・ジャパン株式会社 代表取締役 齋藤 和紀氏

これからの時代に組織の舵取りをするに当たり、テクノロジーで未来を見通す力を考察し、身につける方法が語られる。

また、AIとIoTを活用した「スマートストア」を推進するトライアルのセッションにも注目だ。「リテールAI活用で「流通情報革命」を加速する!」というタイトルのもと、リアル店舗を持つ小売企業のDX事例が語られる。


株式会社トライアルホールディングス 取締役副会長 グループCIO 株式会社Retail AI 取締役会長 西川 晋二氏

トライアルは、AIカメラの自社開発、長期間にわたるデータの蓄積、AIによる各種データ活用の自動化など、AIとIoTを活用し、快適な顧客体験を提供する「スマートストア」を推進している。「メガセンタートライアル新宮店」のリニューアルオープンは話題になった。

セッションでは、スマートレジカート、AI駆動のデジタルサイネージ、電子値札などの活用など同社最新ストアでの取り組みを紹介しながら、DXのリアルな事例が紹介される。

開催概要

会期2019年7月4日(木)、5日(金)13:00~17:40(受付開始12:00)
※7月4日(木)MNCTFのみ、9:45~(受付開始 9:15)
対象DAY1:
対象企業内情報システム/ITインフラの企画、設計、運用に携わる方
お客様へ情報システム/ITインフラをご提案される立場の方
DAY2:
AI、IoTやデータアナリティクスなどの企画、運用に関わる方
製造業でのIoT、スマート工場化を検討している方
参加費無料※事前登録制
主催株式会社マクニカ、マクニカネットワークス株式会社
参加費無料
特設サイトhttps://www.macnica.net/mnd/mnd2019/index.html/