経産省、中小企業のDX推進に向けた「手引き」と「AI導入ガイドブック」を公表 DXの取り組み事例やAI導入手順を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は「中堅・中小企業等向け『デジタルガバナンス・コード』実践の手引き」より

経済産業省は4月8日、中堅・中小企業等のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に向けた、「中堅・中小企業等向け『デジタルガバナンス・コード』実践の手引き」と、中小企業がAI(人工知能)を導入する際のノウハウをまとめた「中小企業向けAI導入ガイドブック」を公表した。

経済産業省では、中堅・中小企業などのDX推進を後押しするため、中堅・中小企業などの経営者や、これらの企業を支援する機関が活用することを想定したDX推進のための手引きを作成した。

経済産業省では、これまでにも企業のDX推進に向けて経営者に求められる対応を取りまとめたデジタルガバナンス・コードを公表するとともに、DX銘柄などの施策を通じて、好事例の創出や取り組みを紹介してきた。

しかし、DX銘柄の選定対象となっている上場企業には大企業が多く、中堅・中小企業などがDXに向けたアプローチを考える際に、これらの好事例を参考にしにくい可能性がある。

そのため、DXの推進に取り組む中堅・中小企業などの経営者や、これらの企業の支援に取り組む支援機関の参考となるよう、DX推進に取り組む際に求められることなどについて事例を交えて解説する本手引きを作成し、公表した。

本手引きではDXの進め方や、デジタルガバナンス・コードを実践している例などを紹介している。中堅・中小企業などのDXのモデルケースとなるような優良事例を選定する「DXセレクション2022」においてグランプリ、準グランプリ、審査員特別賞を受賞した企業の取組紹介動画とすべての選定企業の取組概要資料も公開した。

また、同省は中小企業が自分自身でAIを導入する場合に、中小企業自身が自社の状況を踏まえて適切な導入方法を判断し、自社主導でAI導入を進められる状態を目指す参考となる「中小企業向けAI導入ガイドブック」を取りまとめた。

本ガイドブックはこれからAI導入に挑戦する中小企業向けに、中小企業自身が自社の状況を踏まえて適切な導入方法を判断し、自社主導でAI導入を進められる状態になることを目的としている。

「AI導入を目指しているが、何から準備して、どうやって始めればいいかわからない」「AI導入に対して、いつ・どのようなステップで意思決定すればよいのかイメージができない」などの悩みを抱える中小企業経営者や担当者向けに、チェックリストやワークシートを埋めていくことで具体的な導入手順が学べる内容となっている。

AI導入の検討段階に応じたAI導入ガイドブックのラインナップ

本ガイドブックは、AI導入の検討段階や検討テーマに応じて、以下のラインナップで構成している。

これからAI導入にチャレンジする企業向け

1:AI導入ガイドブック 構想検討パンフレット
これからAI導入に挑戦する企業向けのパンフレット

2:AI導入ガイドブック 需要予測(製造)
製造業における売上や天気等のデータを活用した分析など

3:AI導入ガイドブック 予知保全
製造業における機械の故障予兆を振動・音響センサーデータ等を活用した検知

4:AI導入ガイドブック 図面自動見積り
製造業の図面見積もりにおける図面データ、原価データを用いた効率化

社内にAI人材・IT人材を保有している企業向け

5:AI導入ガイドブック 需要予測(小売り、卸業)
小売業、卸業における売上や天気等のデータを活用した分析

6:AI導入ガイドブック 外観検査(部品、良品のみ)

7:AI導入ガイドブック 外観検査(部品、不良品あり)
製造業の検品工程における画像認識の技術を用いた効率化

>>ニュースリリース