ソニー「プログラミング不要のAI開発ツール」でコンテストを開催、PIXTAの人物写真およそ10,000枚を活用

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社レッジは3月4日から、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の技術提供をもとにAI開発コンテスト「Neural Network Console Challenge」の第1回目を開催します。

第1回目のテーマは、人物写真素材の画像分類です。コンテスト用のAI開発にはソニーネットワークコミュニケーションズの「Neural Network Console」を使用します。チャレンジのアウトプット提出の締め切りは3月27日までです。


【PR】
sponsored by 株式会社 TACT

お題に対して自分なりの解を出すコンテスト

Neural Network Console Challengeとは、ソニーネットワークコミュニケーションズのプログラミング不要で使えるAI開発ツール「Neural Network Console」を使用し、決められたお題(テーマ)に対して“自分なりの解を出す”コンテスト形式のオンラインイベントです。

AIで何かをやってみようと思い立っても「十分なデータがない」、「プログラミングでの開発ハードルが高く挫折してしまう」、「始め方の取っ掛かりが掴めない」など、AIに挑戦するハードルはたくさんあります。Neural Network Console Challengeでは協賛企業の提供データとノンプログラミングでAI開発できるGUIツールである「Neural Network Console」を用いることで、容易にAI開発にチャレンジできます。さらに本コンテストでは、普段では扱うことのできない協賛企業が提供する貴重なデータ用いたAI開発チャレンジが可能です。

Neural Network Console Challengeは、今回開催するコンテストだけにとどまらず、今後も継続して実施する予定です。

PIXTAの人物画像データ約10,000点を使って機械学習

今回のNeural Network Console Challengeは、ピクスタ株式会社のデータ協賛によって開催します。

ピクスタ株式会社が運営する「PIXTA」は、4,900万点以上の写真やイラスト、動画、音楽素材を使えるストックフォトサービスです。

ピクスタ社の提供によって、第1回目のNeural Network Console Challengeは、10,000点もの人物画像データで機械学習を実施できる貴重な機会になります。

ソニーの開発ツールはプログラミング不要で高度なAIを作れる

コーディング無しでディープラーニング(深層学習)を用いた高度なAI開発を実現するAI開発ツールです。ブラウザ上で動作し、直感的なユーザーインターフェースが特徴です。

ニューラルネットワークの構造を視覚的に確認しながら、ドラッグ&ドロップ等の操作で設計、学習、評価を行うことができます。予め用意された関数を組み合わせてニューラルネットワークのモデルを構築でき、学習したモデルの履歴を管理、性能比較まで同環境で行えるため、開発効率を大幅に向上できます。

「Neural Network Console Challenge sponsored by PIXTA」概要

テーマ下記4つのうちいずれかを選びご応募ください。

  1. 人物画像をNNCで学習させ新しいオノマトペ(擬音語、擬声語、擬態語)の画像カテゴリ分類を作り出す
    例)ニコニコ/バチバチ/ゴリゴリ

  2. 画像内人物をNNCで学習させ画角/焦点距離による画像分類を作り出す
    例)正面向き/バストアップ/全身/背面

  3. NNCで画像を学習し人の感情によって分類
    例)嬉しい/悲しい/恥ずかしい

  4. 上記以外のチャレンジテーマを自由に設定しての応募も可
    ※ただし画像分類のテーマに限る
開催期間2020年3月4日(水)~2020年3月27日(金)
※上記の期間中ならいつでもチャレンジできますが、提出締め切りが決まっているためエントリーはお早めにお願いします。
3月27日がチャレンジのアウトプット提出締め切りです。
賞金各賞ひとりずつ表彰させていただきます。

  • 最優秀賞 sponsored by PIXTA:10万円
    PIXTAの画像分類として現実的に検討可能なアイデアや精度を実現しているChallengerに対して贈られる

  • NNC賞:3万円
    Neural Network Consoleを一番良く使いこなしているChallengerに贈られる

  • Ledge.ai賞:3万円
    画像分類のアイデアとして面白い、企画として突き抜けたChallengerに対して贈られる
主催・企画運営株式会社レッジ
協賛ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
データ協賛ピクスタ株式会社