河川の水位計測にAIを活用!正確かつ効率的に河川管理する技術を共同開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

九電ビジネスソリューションズ株式会社(Qsol)および西日本技術開発株式会社(WEST JEC)は2022年11月24日、河川やダム、貯水池、用水路などの撮影画像から、AIによる画像解析を行い水位や水深を計測する「AI水位計測技術」に関する特許を出願、当該技術を活用したサービス化の検討を開始した。

河川管理に係る労力の確保やコストの低減が課題に

少子高齢化による労働人口の減少や、景気低迷による税収の減少などにより、河川などを管理する自治体や企業では、管理に係る労力の確保やコストの低減が課題となっている。また水位計測には、フロート式、水圧式、電波式などさまざまな技術が存在し、方式によっては多くの労力やコストが発生するという。

AIなど最新のICTの知見を有するQsolと、エネルギー・環境・社会基盤の総合技術コンサルタントであるWEST JECは互いの強みを活かし、撮影した画像のみで計測対象の水位・水深をデータ化できる技術を共同開発した。

人が現地に行かなくてもカメラの画像から水位・水深を計測可能に

洪水や氾濫発生時でも、人が現地に行かずにカメラの画像から水位・水深を計測できるため、安全な河川管理が可能になる。また要件を満たしていれば、既存のカメラを活用できるため、初期費用の低減も期待できるという。

AI水位計測技術の概要


同技術の概要は以下のとおり。
>>ニュースリリース