スギ薬局、AIで小売店の品揃えを最適化 売上効率を上げる商品の組み合わせを自動で算出

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社スギ薬局と株式会社エクサウィザーズは1月5日、小売業向けの「品揃え最適化AI」を共同開発し、調剤併設型ドラッグストア「スギ薬局」で運用を開始したことを発表した。

小売業において、「最適な品揃えの追及」は売場生産性の向上を図るためだけではなく、より良い顧客体験を提供するために重要な戦略課題と言える。そのため、日々変化する顧客のニーズや購買行動の変化などに対応した商品の陳列が必要である。

しかし、カテゴリーごとに数百ある商品の組み合わせを複数の判断条件から決め、売れゆきに応じて商品を入れ替えながらスペース配分をする同業務は、組み合わせパターンが多いためマニュアル化しにくかった。商品の決め方が属人的になることで、売上効率を向上できる組み合わせを実現・再現するのが難しいといった課題もあった。

そこで2社は、小売業における売場生産性の向上や、より良い顧客体験の提供を支援する「品揃え最適化AI」を共同開発し、「スギ薬局」で同AIの運用を開始した。

本AIは、小売業の目線に立った最適な品揃えの追及を実現するため、膨大な商品数から売上効率を上げる商品の組み合わせを自動算出できる「品揃えパターン生成」、過去の商品の購買情報を基に商品の代替可能性を分析し、カットしても売上に影響しづらい商品を決定する「代替可能性分析」の2つの機能を搭載している。

【品揃えパターン生成】

「品揃えパターン生成」では、数理最適化技術を用いて、対象商品リストや売上情報などをもとに、売上効率を上げる商品の組み合わせを自動で算出。ドラッグストアをはじめ、小売店で取り扱う多種多様な商品カテゴリーに対応しており、小売業の実際の業務に対応した考え方を反映させながら、売場生産性の向上を実現する。

【代替可能性分析】

「代替可能性分析」では、対象商品の過去の購買傾向をAIが解析し、類似した商品を特定するとともに、ある商品に対して別の商品を購入する可能性を算出する。カットしても売上が減少しづらい商品構成を実現し、売れゆきが高い商品を増やすなど、売場効率を高める施策を実施できる。

本AIの導入にあたり、スギ薬局においてシミュレーションを実施した。その結果、全国約1450店舗の利用客の購買行動や地域特性を踏まえて、多くの商品カテゴリーとそれぞれのカテゴリー単位ごとに数百になる商品種別から品揃えパターンを作成する業務を標準化することで、一定の売上増加が期待できることがわかった。今後はスギ薬局全店舗において本AIを活用した陳列商品の最適化を実施していく予定だ。

>>ニュースリリース