【ウェビナー配信中】MI(マテリアルズ・インフォマティクス)を進める上での課題と解決策

このエントリーをはてなブックマークに追加
材料開発に機械学習等を活用する、MI(マテリアルズ・インフォマティクス)が近年話題となっています。

MIを活用すれば、勘と経験に頼っていた従来に比べ、無駄のない研究開発を実現し、効率的に目標とする材料を発見することができます。
しかし、活用の一歩目となるデータ整備をはじめ多くの難所が存在するMI活用を、滞りなく進められる企業は少ないのが実情です。

そこで、本ウェビナーでは、MIを活用した戦略的な研究開発を支援する、株式会社日立ハイテクソリューションズ / Hitachi High-Tech America, Inc. / 株式会社日立製作所を招き、
MI活用を実現するための勘所やユースケースを語っていただきます。

本ウェビナーは、12/8に行われたLedge.ai Webinarのアーカイブ配信となります。
ウェビナーを視聴されたい方は、以下の視聴用フォームにご記入いただき、動画ページへお進みください。視聴は無料です。

ウェビナーを視聴する


こんな方におすすめ

  • AIの導入検討をミッションとしているがプロジェクトの進め方が分からない方
  • 化学・材料関連企業に勤めている方
  • 研究開発に関わる業務を行っている方
  • 配信期間

    〜2022年2月中旬

    登壇者

    株式会社日立ハイテクソリューションズ ICT事業統括本部 事業企画部 クロスビジネスグループ 部長代理
    黒川 麗 氏

    日立ハイテクソリューションズにSEとして入社後、製造業顧客を中心にシステム開発導入に携わる。その後インフラSE、データセンター運用・セキュリティ管理を経験し、システム全体提案を行う技術営業として活動。2018年にシリコンバレーのデータ分析ソフトウェア企業へ出向、帰国後はAI関連の新規事業開発とマーケティングに従事。

    Hitachi High-Tech America, Inc. Director of Software/AI Development
    磯部 隆史 氏

    AIおよびネットワークの関連技術が専門で、多数の論文を執筆している。近年は米国にて、日立ハイテクソリューションズ向けAIソリューションの研究開発を主導しており、リハビリテーション病院での診断支援AI、および、化学材料の研究開発を支援するChemicals Informaticsを独自開発、実用化した。システム情報工学博士。

    株式会社日立製作所 研究開発グループ 主管研究員
    岩崎 富生 氏

    1990年筑波大学大学院物理学研究科修了(理学博士)。1990年(株)日立製作所に入社。分子シミュレーションを活用した材料設計に従事。技術賞(日本材料学会、エレクトロニクス実装学会)、論文賞(IEEE、日本材料学会、機械学会、エレクトロニクス実装学会、電気学会)、高分子学会パブリシティ賞等を受賞。2015年より機械学会フェロー。

    株式会社レッジ ディレクター
    大久保 裕次郎(モデレーター)

    2018年 株式会社レッジに入社後、 「THE AI」や「AI TALK NIGHT」などイベントの立ち上げに関わる。現在はAI関連企業のマーケティングや、企業のAI導入の支援に従事。2018年、G検定を取得。

    お申し込みはこちらから